WEBブラウザ

カスタマイズ制の高いWEBブラウザ「Vivaldi」の紹介

  • POST
カスタマイズ制の高いWEBブラウザ「Vivaldi」の紹介 Vivaldiとは Vivaldiは、Vivaldi Technologies社が開発したChromiumベースのWEBブラウザ。 Opera Sofwareの元CEOが開発に携わっており、Operaのコンセプトを引き継いでいる。 また、開発には共同創設者としての日本人の冨田龍起氏も関わっている。 まだシェアは少ないが、利用者数は少しづつ増加しており、 2019年9月にはスマートフォン版のβ版が公開され、近年、注目を浴びているブラウザの一つである。 https://news.mynavi.jp/article/20181102-717456/ Vivaldiの特徴 以下の点が特徴である。 動作が軽快 宇宙一高速なWEBブラウザを目指すというスローガンを掲げており、動作が軽快。 多機能 Operaで好評だったスピードダイヤルなどの多様な機能がデフォルトで備わっている カスタマイズ性が高い ボタンやタブなどの位置変更が行えるなどカスタマイズ性が高い また、Chromiumベースなので、 Google Chromeと同様にChrome拡張機能の利用が可能 開発のコンセプト 以下に窓の杜の冨田龍起氏へのインタビュー動画があるので、視聴を推奨。 https://forest.watch.impress.co.jp/docs/special/1038849.html 所感 近年の主要なブラウザでは不要な機能を削ぎ落とされ、誰にでも仕えるGUIや軽量化という点に力がそそがれ、サードパーティ製のアドオンにより、機能拡張する形式を提供する形式を取るケースが多く、差異がなくなって来ている。 対して、Vivaldiはデフォルトでも様久な機能を有しており、ボタンやタブの位置の変更が行えるなどカスタマイズ製が高い。 Vivalidのように多機能なツールは一見、使いどころがないように思える機能でも、人によっては重宝するものであったり、新しい使い方が発見をユーザに提供している。 こうした設計指針は主要な流れとは異なるのかもしれないが、コモディティ化を避けるための教訓として知っておいたほうがいいと思った。