Python

PythonのWEBアプリケーションフレームワーク「Django」入門

  • POST
Djangoとは Python製のWEBアプリケーションフレームワーク。 WEBアプリケーションフレームワークとは、WEBアプリケーションを効率的に開発するための機能をまとめたもの。 Python系のWEBアプリケーションフレームワークには、他にも FlaskやBottle、Pyramidなど軽量なWEBアプリケーションもある。 Djangoは、機能が多様で、WEBアプリケーション開発に必要な機能が一通り揃っていることが好まれ、Python系のWEBアプリケーションフレームワークの中でも利用者が多い。 Djaongは以下の要素で構成されている。 URLルーティング DjaognにおいてURLと、そのURLにアクセスした際の対する処理を定義する仕組み。 ルーティングは、下記の例にあるように、urls.pyで定義する。 path関数は、第一引数に指定したURLのパスに対応する処理を、第二引数に指定する。 下記の例では、“http://example.com/admin"にアクセスした際に、admin.site.urlsを呼び出すようになっている。 また、“http://example.com/app_ur/admin"にアクセスした際に、アプリケーションの urls.py を呼び出すようになる。 ※ includeメソッドを使用すると、アプリケーションのurls.pyを呼び出すことができる。 プロジェクト/urls.py from django.contrib import admin from django.urls import path, include from .views import hello_fuction_view from .views import HelloClassView urlpatterns = [ path('admin/', admin.site.urls), path('app_url/', include('application_name.urls')), ] アプリケーション/urls.py from django.contrib import admin from django.urls import path urlpatterns = [ path('admin/', admin.site.urls), ] ビュー DjangoにおいてWEBサイトの見た目を定義する要素。 ルーティングから受けっとたリクエスト情報を元に、レスポンスを返す。 ビューによりリクエストの内容に応じた、WEBページが表示できる。 ビューはviews.pyに定義する。 ビューには関数ベースビューと、クラスベースビューがある。。 関数ベースビュー HTTPリクエストを引数に、それに対するレスポンスを返す関数