DevOps

Azure DevOpsのパイプラインからAppServiceのデプロイ

  • POST
Azure DevOpsのパイプラインからAppServiceへのデプロイ はじめに 本記事では、マイクロソフトから提供されているサンプルWebアプリケーションを使ってr,Azure DevOpsでのリポジトリの作成~パイプラインの作成からAppServiceの デプロイを行うまでの一連の操作を記載する。 AppServiceにWebアプリケーションを作成 以下の手順で、Webアプリケーションを作成。 DebOpsで組織を作成 DevOps用のプロジェクトの作成 リポジトリの作成 サービスコネクションを作成 サンプルプログラムを取得。 以下のサイトから、サンプルプログラムを取得してZIPダウンロードする。 先程クローンしたローカルリポジトリに展開する。 https://github.com/MicrosoftDocs/pipelines-java コミットを行い、その後リモートリポジトリにPushする。 $ git add . $ git commit -m "Sample WebAppを追加" $ git push パイプラインYAML作成 以下のパイプラインを作成する。 trigger: - master variables: # Azure Resource Manager connection created during pipeline creation azureSubscription: '作成したサービスコネクション名を指定' # Web app Type webAppType : 'webAppLinux' # Web app name webAppName: 'sample-web-application' # Environment name environmentName: 'sample-enviroment' # Agent VM image name vmImageName: 'ubuntu-latest' stages: - stage: Build displayName: 'Build stage' jobs: - job: Debug displayName: 'Show debug message' steps: - script: | echo "Subscription : $(azureSubscription)" echo "Web App Name : $(webAppName)" echo "Environment Name : $(environmentName)" echo "Vm Image Name : $(vmImageName)" echo "Pipeline Workspace Name : $(Pipeline.

Azure DevOpsのまとめ

  • POST
DevOpsとは 開発~公開までの作業(ビルド、テスト、デプロイ)を迅速に行うことができるAzureのサービスです。 手動でのリリースの場合、 作業時間がかかる テスト漏れ リリースミス というデメリットがありますが、DevOpsを使用することで迅速に、頻繁に、確実に行える仕組みを構築することができます。 Azure DevOpsの特色 リリース作業に必要なサービスが揃っている ビルド、テスト、資産管理、チケット管理まで一括して行える。 GUIでの操作性に優れている GUIリリース作業フローを作成できる。 AWSのサービスと比べ構築しやすい。 利用コストが安い 5人までのプロジェクトであれば無料。 他サービスと連携できる GitHubなどの他のサービスと連携できる Azure DevOpsの主な機能 Overview プロジェクトの概要を表示します。 Aure Boards JIRAやTrelloのようなタスク管理が行え、バグトラッキングとして修正資産と紐づけることができます。 Azure Repos Gitホスティング ソース管理が行えます。 Azure Pipelines 継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリー(CD)処理をGUIを利用して、YAML形式で設定が可能。 連携次第で、GitHubやその他のリポジトリサービスも利用可能。 ビルドツール Ant .Net Gradle Mavenも利用可能です。 Azure Test Plans 手動の探索的テストの管理ができるサービスです。 https://news.mynavi.jp/article/zeroazure-30/ Azure Artifacts パッケージ リポジトリ 成果物を格納することができるサービスです。 例えば、リリース作業時のテスト結果のエビデンスを格納することもできる。