Java

Azure DevOpsのパイプラインからAppServiceのデプロイ

  • POST
Azure DevOpsのパイプラインからAppServiceへのデプロイ はじめに 本記事では、マイクロソフトから提供されているサンプルWebアプリケーションを使ってr,Azure DevOpsでのリポジトリの作成~パイプラインの作成からAppServiceの デプロイを行うまでの一連の操作を記載する。 AppServiceにWebアプリケーションを作成 以下の手順で、Webアプリケーションを作成。 DebOpsで組織を作成 DevOps用のプロジェクトの作成 リポジトリの作成 サービスコネクションを作成 サンプルプログラムを取得。 以下のサイトから、サンプルプログラムを取得してZIPダウンロードする。 先程クローンしたローカルリポジトリに展開する。 https://github.com/MicrosoftDocs/pipelines-java コミットを行い、その後リモートリポジトリにPushする。 $ git add . $ git commit -m "Sample WebAppを追加" $ git push パイプラインYAML作成 以下のパイプラインを作成する。 trigger: - master variables: # Azure Resource Manager connection created during pipeline creation azureSubscription: '作成したサービスコネクション名を指定' # Web app Type webAppType : 'webAppLinux' # Web app name webAppName: 'sample-web-application' # Environment name environmentName: 'sample-enviroment' # Agent VM image name vmImageName: 'ubuntu-latest' stages: - stage: Build displayName: 'Build stage' jobs: - job: Debug displayName: 'Show debug message' steps: - script: | echo "Subscription : $(azureSubscription)" echo "Web App Name : $(webAppName)" echo "Environment Name : $(environmentName)" echo "Vm Image Name : $(vmImageName)" echo "Pipeline Workspace Name : $(Pipeline.