Azure Administrator対策「Azure AppService」

はじめに

AZ-103「Azure Administrator」対策として、Microsoft Learnなどを要約したものを記載。

AppService スロットスワップ

スロット

FQDN形式の命名で生成されるAppServiceの実行環境。

スロットスワップ

スロット間でスロット内のアプリケーションや、コンテンツを入れ替えること。 スワップ後もスロットのドメイン名は同じまま。

検証スロットで検証後、本番スロットと検証スロットをスワップすると、 アプリケーションのURLはそのまま、中身を変更することが可能

スワップのメリット

  • アプリをデプロイする際のダウンタイムがなくなる
  • スロットにスワップ前の運用アプリが残るため、切り戻しが用意

※ 利用できるスロット数は、App Service プラン レベルごとに異なる ※ スロットは追加料金なしで利用可能