サービス

Zennでどれくらい稼げるのか? noteとの違いを比較!

  • POST
Zennでどれくらい稼げるのか? noteとの違いを比較! はじめに Zennは、2020年9月にサービス開始された技術情報共有コミュニティサービスです。 Zennではエンジニアがまとめたノウハウを本として、販売することができます。 https://zenn.dev この記事では、Zennの本の販売でどの程度稼ぐことができるのかといった点や、類似サービスの「note」との違いについて、 紹介します。 Zennでどのぐらい稼ぐことができるのか Zennでどのぐらい稼ぐことができるのかという点についてですが、 まず、私がZenn投稿した2つの本の2021年の売上実績を公開させていただきます。 2021年は以下の2つの本を出品させていただきました。 Azure認定 AZ-400対策ノート (単価:500円, 購入数:88冊, 文字数:約103,635字) Azure認定 AZ-204対策ノート (単価:1000円, 購入数:6冊, 文字数:約142,994字) ※ 2021/12/31時点の情報です。 上記に2冊の年間の合計売上金額は、5,0500円 でした。 1ヶ月当たりの売上は、約4,208円 となります。 売上の大半は500円の方の本が占めています。 Zennで500円の本を1冊書くだけで、月3,000円~4,000円の売上が見込まれます。 「小遣い稼ぎとしては十分」と思われた方もいれば、「少ない!」と思われた方もいらっしゃるのではないかと思います。 では、Zennのトップセールスに該当する本の売上はどうでしょうか? 以下の本は300冊以上購入されていると言われている本になります。 競馬予想で始める機械学習〜完全版〜 (単価:2,000円, 文字数:約181,876字) DOTweenの教科書 (単価:1,000円, 文字数:約115,960字) ※ 2021/12/31時点の情報です。 300冊売れたと仮定すると、年間300,000~600,000円、月25,000円~50,000円の売上が見込まれます。 本の質を上げる必要がありますが、上記のレベルまで売れれば、かなりの収益を得ることができますね。 noteとの違いを比較 noteとは noteも、Zenn同様に、本を販売することができるサービスです。 https://note.com Zennとの主な違いは、Zennはエンジニア専用、noteはビジネス、教養などオールジャンルの本を取り扱っているという点に違いがあります。 手数料を比較 収益化するに当たって、手数料がどのぐらいかかるのかは気になるところだと思います。 noteと、zennの手数料の違いを以下の表にまとめました。 項目 note (携帯キャリア決済) note (クレジットカード決済) Zenn 決済手数料率 15% 5% 3.

厳選された本が10分で読める! 時短読書サービス「flier」を紹介

  • POST
はじめに この記事では、有識者により厳選された本の内容をわずか10分で読むことができる時短読書サービス「flier(フライヤー)」について紹介します。 flierとは 一般的に、ビジネス書や、実用書、教養書などの本を1冊読み終わるのに、4~6時間ほどかかると言われています。 flierは、プロのライターがまとめた2,600冊以上の本の要約が読むことができる、 月額制のサブスクリプションサービスです。 filerを利用することで、本の要点をわずか10分で抑えることができます。 flierの特徴 1. 厳選された2,600冊以上の本の要約が読み放題 flierで取り扱われる本は、flier社内のライターや、社外の有識者を含めた「選書委員会」により選定されています。 flierを利用することで、「繊維委員会」の有識者たちによって厳選されたビジネスパーソンが今読むべきビジネス書・実用書・教養書の要約を読むことができます。 また、新しい要約は1日に1冊のペースで追加されており、飽きることなく楽しむことができます。 2. 出版社/著者のチェック得ているので、要約の質が高い flierに公開されている要約は、各分野の専門のライターが要約し、公開前に全て出版社/著者の許諾を得ているので、質が高いです。 本の主旨がコンパクトに読みやすくまとめられているので、短時間で本の内容を把握したい方や、読書難度の高い本を読んで、挫折してしまった方からも好評を得ています。 3. 音声再生機能があるので、ながら学習ができる flierで公開されている本の要約には、音声再生機能が付いています。 音声再生機能を有効にすることで、運動中やクルマの運転中・通勤の移動中など、スキマ時間を活用した学習も可能です。 flierを使ってみた感想 取り扱われている本のカテゴリは17種類 Flierで取り扱われている本は以下の17カテゴリになります。 No カテゴリ 1 スキルアップ・キャリア 2 自己啓発・マインド 3 生産性・時間管理 4 リーダーシップ・マネジメント 5 経営戦略 6 起業・イノベーション 7 人事 8 マーケティング 9 産業・業界 10 グローバル 11 政治・経済 12 ファイナンス 13 テクノロジー・IT 14 サイエンス 15 リベラルアーツ 16 健康・フィットネス 17 トレンド ビジネス書が主体なので、スキルアップ・キャリア、自己啓発・マインドなどは取り扱っている本の数もかなり多いという印象です。