Lucidchart

Googleの認定資格「Associate Cloud Engineer」の勉強方法を紹介

  • POST
はじめに Googleの認定資格「Associate Cloud Engineer」の試験の難易度や学習方法、受験の方法を紹介します。 Associate Cloud Engineerとは Google Cloudの認定資格は以下の3つのレベルに分けられています。 ファンダメンタル : 基礎レベル アソシエイト : 中級レベル プロフェッショナル : 上級レベル Google公式:Google Cloud 認定資格 Associate Cloud Engineerは、アソシエイトレベルに該当する試験で、合格することで以下のスキルが評価されます。 クラウド ソリューション環境の設定 クラウド ソリューションの計画と構成 クラウド ソリューションのデプロイと実装 クラウド ソリューションの正常な運用 アクセスとセキュリティの構成 合格特典 Associate Cloud Engineerに合格すると、以下の特典を得ることができます。 メンバーだけが参加できる Google Cloud Certified コミュニティにアクセスして、ビジネス上のネットワークを築いて他の認定資格取得者と交流できます。 デジタルバッジと証明書を取得して、ソーシャルメディアで実績をアピールできます。 Google Cloud Certified コミュニティの認定資格保持者ディレクトリに合格者として登録されるので、自分のスキルをアピールができます。 Google Cloud 認定資格のメリット また、アソシエイトレベルより上位のプロフェッショナルレベルの場合、 Google Cloud 認定グッズを受け取ることができますので、興味のある方はAssociate Cloud Engineerに合格後、プロフェッショナルレベルにもチャレンジしましょう! 試験内容 試験時間 : 120 分 問題数 : 50 問 合格点 : 不明(※1) 受験料 : $125 前提条件 : なし 推奨される経験 : 6か月以上のGoogle Cloudの実務経験 ※1 :Google Cloud 試験は、合格点は公開されておらず、受験後に自身の点数を確認することもできません。 対象分野の専門家によって合格点が決定されます。 また、新たに作成した問題の有効性を評価する目的で、採点対象外の問題が出題されることがあります。