ツール

OhinaWorkにAzureアイコンセットを挿入する機能を追加

  • POST
OhinaWorkにAzureアイコンセットを挿入する機能を追加 はじめに OhinaWorkにMicrosoftが提供しているAzureアイコンセットを挿入する機能を追加したので、紹介します。 機能 以下の図にあるようにAzureアイコンセット上から挿入したいアイコンを検索し、フォーム上から挿入する機能を提供します。 インストール 以下のリンクから、ダウンロード https://github.com/11ohina017/OhinaWork ダウンロードしたZIPファイルを解凍 pptxフォルダ配下の以下のスクリプトをダブルクリック installPowerPointAddin.vbs インストール後にPowerPointを起動すると、リボンタブにOhinaWorkというタブが追加されます。 ライセンス 当ソフトはフリーソフトウェアですが、 同梱されているAzureのアイコンについては著作権はMicrosoft社が所持しており、 ライセンスはMITライセンスとなります。 The MIT License (MIT) Copyright (c) Microsoft Corporation Permission is hereby granted, free of charge, to any person obtaining a copy of this software and associated documentation files (the "Software"), to deal in the Software without restriction, including without limitation the rights to use, copy, modify, merge, publish, distribute, sublicense, and/or sell copies of the Software, and to permit persons to whom the Software is furnished to do so, subject to the following conditions: The above copyright notice and this permission notice shall be included in all copies or substantial portions of the Software.

Microsoft Azureの利用を快適にする便利ツール

  • POST
Microsoft Azureの利用を快適にする便利ツール はじめに 本記事では、「Microsoft Azure」の利用をより快適にするための便利ツールを紹介する。 Azure Storage Explorer Blob Storage、DataLake StorageなどのAzureのストレージサービスに対する操作を行うことを可能にするデスクトップアプリケーション。 ストレージへのファイルのアップロード、ダウンロード、アクセス権の設定など、 Azure Portal上とほぼ同等の操作が可能。 複数のAzure ADアカウントでの同時接続が可能なため、アカウントを切り替える作業が多発する場合は、Azure Portalよりも便利。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/features/storage-explorer/ 名称 Azure Storage Explorer 開発元 Microsoft (米) Windows対応 ○ MacOS対応 ○ Linux対応 ○ AzCopy AzCopy は、異なるストレージアカウント間でファイルのコピーをすることができるCLIツール。 インストールは不要でZipファイルを展開して、exeファイルを実行するだけで、起動させることができる。 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/common/storage-use-azcopy-v10 名称 Acopy 開発元 Microsoft (米) Windows対応 ○ MacOS対応 ○ Linux対応 ○ Service Bus Explorer 「Service Bus Explorer」は「Azure ServiceBus」に接続して、メッセージの送信をすることができるデスクトップアプリケーション。

Rlogin入門

  • POST
Rloginとは Windows用のターミナルソフト。 タブ単位で操作でき、様々なショートカットキーを登録できることが特色。 タブで操作するターミナルソフトはPoderosaもあるが、開発が止まっているらしく、 Rloginを採用するケースが多いようだ。 (http://cmf.ohtanz.com/blog/archives/1058) 基本設定 導入から基本設定までの手順について説明。 インストールするタイプではなく、公式からファイルをダウンロードして、解凍するタイプのもの。 従って、USBやDropboxなどのオンラインストレージに解凍して、複数のPCで使い回すのが一般的。 ※Dropboxについての説明は割愛。導入から起動までの手順 ここから最新のrlogin.zipをダウンロード rlogin.zipを解凍 Rlogin.exeをダブルクリック 起動後の基本設定 sshでログインできるところまでを説明。 Sever Select画面 起動すると、下記のようにSever Selecet画面が表示されているはず。 “新規ボタン"を押すと、“エントリ"の設定に移る。 Rloginの特徴として、ログイン先のサーバをエントリーという単位で管理している。 エントリーごとにフォントやショートカットキーなどの設定を行う。 サーバの設定 ログイン先のサーバの設定を行う画面。詳細は公式に書いてあるが、最低限必要な内容は下記の赤枠の箇所。 “entry"の箇所にはログイン先のサーバ名を設定するのが一般的。 また、Rloginではエントリーを検証環境グループ、商用環境グループなどのグループごとに分けることができる。 上図で設定しているタブは、エントリーのグループ名のようなもので、“tab"の箇所にタブ名を指定するとSever Select画面にタブが表示され、タブごとにエントリーを管理することができる。 ※2つ以上の異なるタブを作成した場合のみ。 ログイン “OK"を押して設定を保存する。 先ほどのServer Select画面で、対象のエントリを選択し、“OK"を押すと、 ログインできる。 ここまで、ログインするところまでは完了だが、デフォルトのままだと使いづらいので、その他の箇所についても基本的な設定を記載する。 スクリーン 画面表示などに関する設定。 下記の設定をしておくと、フォントサイズがコロコロ変わらなくなる。 拡張機能 文字通り色々な機能の拡張設定。 下記の3点を設定しておくのがおすすめ。 “右クリックでペースト” と “範囲指定を解除しない” を設定しておくと他のターミナルソフトを同様の使い方ができる。 “ゴースト表示をしない"にするとタブにカーソルを合わせた時に、ウィンドウが透過するようなエフェクトが消える。 複数のサーバの間で何らかのコマンドを実行し、差異がないか確認する機能らしい。 ヒストリー ログなど記録に関する設定。 上図のログ出力先は下記のように設定している。 C:log\%E_%S_%D_%t.log 意味については下記参照↓ 送信文字列の特殊文字 意味 %E サーバーエントリーのServer Entryに置き換え %U サーバーエントリーのUser Nameに置き換え %P サーバーエントリーのPasswordに置き換え %T サーバーエントリーのTerminalに置き換え %S 接続したサーバーアドレスに置き換え %p 接続したポート番号に置き換え %D 現在年月日に置き換え %t 現在時分秒に置き換え %I 文字入力ダイアログを表示し文字入力を待ちます クリップボード クリップボードの扱いについての設定。

ルーティングテーブルをMarkdown形式で表示するスクリプトを作成

  • POST
ルーティングテーブルをMarkdown形式で表示するスクリプトを作成 ipコマンドのrouteオプション表示されるルーティングテーブルをMarkdown形式で表示するスクリプトを作成したので、下記に記載する。 ファイル内容 シェルスクリプトとawkの2ファイルで構成される。 make_markdown_route.sh #!/bin/bash # # ipコマンドで表示したルーティングテーブル情報をMarkdown形式に変換して表示するスクリプト #--------------------------------------------------------------------------------------- current_directory_path="$( dirname "$(readlink -f $0)" )" ip route show table all | awk -f "${current_directory_path}/make_markdown_route.awk" make_markdown_route.awk #!/usr/bin/awk # # ipコマンドで表示したルーティングテーブル情報をMarkdown形式に変換して表示するスクリプト # # Note: # * Destination : 宛先アドレス # * Scope : 送信先 # - scope link: 直接unicast/broadcastにて通信する経路。自身が属するネットワーク等が該当。 # - scope host: 自分自身への経路 # - scope global: (他ネットワークへの)ゲートウェイを経由したunicast通信による経路。 # * Protocol : # - proto kernel:カーネルが自動生成した経路。 #----------------------------------------------------------------------- #----------------------------------------------------------------------- # 事前処理 #----------------------------------------------------------------------- BEGIN { # ヘッダー部分の出力 printf("| %-17s | ", "Destination"); printf("%-15s | ", "Gateway"); printf("%-15s | ", "Source"); printf("%-8s | ", "Protocol"); printf("%-8s | ", "Scope"); printf("%-6s | ", "Metric"); printf("%-4s | ", "Dev"); printf("%-9s | ", "Table"); printf("\n"); printf("| %-17s | ", "---"); printf("%-15s | ", "---"); printf("%-15s | ", "---"); printf("%-8s | ", "---"); printf("%-8s | ", "---"); printf("%-6s | ", "---"); printf("%-4s | ", "---"); printf("%-9s | ", "---"); printf("\n"); } #----------------------------------------------------------------------- # 配下を初期化する関数 #----------------------------------------------------------------------- function initialize_array(array){ array["route"] = ""; array["dest"] = ""; array["mask"] = ""; array["via"] = ""; array["dev"] = ""; array["proto"] = ""; array["scope"] = ""; array["src"] = ""; array["metric"] = ""; return 0; } #----------------------------------------------------------------------- # 配列の内容を出力 #----------------------------------------------------------------------- function print_array(array){ printf("| %-17s | ", array["dest"]); printf("%-15s | ", array["via"]); printf("%-15s | ", array["src"]); printf("%-8s | ", array["proto"]); printf("%-8s | ", array["scope"]); printf("%-6s | ", array["metric"]); printf("%-4s | ", array["dev"]); printf("%-9s | ", array["table"]); printf("\n"); return 0; } #----------------------------------------------------------------------- # メイン処理 #----------------------------------------------------------------------- { initialize_array(array) begin_number=2 # テーブル情報が含まれる場合 = 項目数が偶数の場合 # Exsample: # broadcast 127.